他のアフターピル

アイピルが緊急避妊に役立つことは、知ってもらえたでしょうか。それでは、アイピル以外にもアフターピルはあるのか、それはどんな種類があるのか知っておきましょう。

【ノルレボ】

このアフターピルはアイピルの先発薬となるもので、産婦人科等の医療機関でアフターピルとして最も処方されています。
24時間以内の服用では約95%、72時間以内では約75%の避妊効果を得られます。

それまで、ヤッペ法という2回に分けて飲む方法では無く、1回1錠で済むノルレボ法を摂り入れて更に副作用も少ないので、安全なアフターピルです。

【マドンナ】

ノルレボのジェネリック医薬品でありながら、2回に分けて服用するタイプのアフターピルです。
ノルレボとアイピルは有効成分であるレボノルゲストレルは1錠に1.5mg含まれていますが、マドンナは1錠に0.75mgの量なので1錠ずつの服用の際にあらわれる副作用は比較的軽くなるでしょう。

ただセックス後から72時間以内に1錠、そしてさらに12時間後にもう1錠を飲まなければ避妊効果は無いので、飲み忘れをしないことが必須になります。

【エラ】

本来、セックスから72時間が経つまえに服用する必要があるアフターピルですが、エラは120時間つまり5日以内に飲めば、高い避妊効果が得られます。

それは3日以内であれば約95%、5日以内であれば約85%という服用の制限時間がさらに延びた改良型のアフターピルなのです。

1回に1錠の服用で済む上に効果が高いので、身体に負担がかかりやすいともいえます。

ここでは、アイピル以外の代表的なアフターピル、それぞれの特徴を紹介しました。
abutas
1回1錠で済むものが良い、副作用が出やすいから分けて飲みたい、制限時間が長い方が良い、などアフターピルに求めることも異なれば、実際に飲んだ時の効果や副作用のあらわれ方にも個人差があります。

飲み方や効果・副作用を知り、自分自身に合うアフターピルを見つけましょう。