アイピルで避妊、その副作用

いざ緊急避妊をしなければいけない時、アイピルの使用方法が分からなければ何の意味もありません。

せっかくの高い避妊効果を持っているにも関わらず、間違った服用方法でその効果を台無しにしてしまう可能性もあるのです。

そうならない為に、アイピルの正しい飲み方を知っておきましょう。

まずセックスから72時間が経つ前に1錠を飲む必要があります。特に24時間以内に飲めば、95%以上の確率で避妊することができます。

そうすることで、有効成分であるレボノルゲストレルが排卵抑制や受精卵着床阻害の効果をもたらしてくれます。

これは、女性ホルモンのプロゲステロンと同じ働きをします。体内では、このホルモンが分泌停止されることで、妊娠に至らなかったと判断して生理を引き起こします。

つまりアイピルを飲み、吸収が終わることで人工的にプロゲステロンの分泌と停止が起こすので、生理を引き起こすきっかけを作るのです。

ただ、このように強制的に生理を引き起こすことで緊急避妊を成功させる働きなので、身体には負担がかかってしまいます。
アイピルの副作用で体調不良の女性
その負担というのは、さまざまな症状がアイピルの副作用としてあらわれます。その症状には、頭痛や腹痛、吐き気、倦怠感などです。

副作用の症状には個人差があって、まったくあらわれない人もいれば強く出てしまう人もいます。

アイピルの副作用があらわれても安静にしたり、市販の薬を飲むことで症状が落ち着いてくる場合には問題ありませんが、悪化してくることがある場合には病院を受診するようにしましょう。

そして、その後も妊娠することに抵抗を感じる場合、アイピルを飲んだ後に生理が来るまではセックスを控えるようにしましょう。

そうでないと、アイピル服用時に排卵を遅らせることができた場合、生理前のタイミングでいつ排卵が起こるか分かりません。

その為、アイピルを飲んでも生理が来る前にまたセックスをしたら排卵のタイミングを被る可能性があるので妊娠率は高くなります。

アイピルは副作用を伴うことが多いので、常用するのではなくどうしても必要な時に限り使用するようにしましょう。

事前に避妊が出来ていない状態で、予想外に妊娠してしまう可能性がある時にできる避妊方法は、緊急避妊薬を飲むこと以外にありません。

その為、緊急避妊が必要な時はアイピルを飲むことが唯一の方法であり、正しい飲み方で高い避妊効果を発揮してくれるオススメの方法なのです。